• HOME
  • よくある質問

よくある質問 FAQ

入学について

  • Q いつから入学できますか?
    A 進学コースは年4回(1月、4月、7月、10月)入学時期があります。入学時期によって学習期間が異なりますから、
    自分の留学計画に合わせて選んで下さい。
    実用日本語コース、短期集中コースは随時入学可能ですので、本校までお問い合わせください。
  • Q いつ頃から留学の準備を始めたらいいですか?
    A 留学に際しては、在留資格や査証(ビザ)の申請が必要なので、
    自分が入学を希望する月の5~6ヶ月前から提出資料の準備を始めて下さい。
    ただし、留学に際しては4級(N5)レベルの日本語能力が必要となりますので、
    留学を決めたらすぐに日本語の勉強を始めて下さい。
  • Q 入学には何が必要ですか?
    A 在留資格の申請の為に様々な資料が必要になりますが、
    申請者(学生本人)の学歴や経費支弁者の職業によって提出する資料が異なります。
    詳しくは、提出資料案内をご覧ください。
  • Q 入学に年齢制限はありますか?
    A 留学の申請に明確な年齢制限はありませんが、最終学歴の学校を卒業してから5年以上経過している場合は、
    卒業後の経歴(職歴)に加え、留学の目的や留学を決意するに至った経緯を詳細に説明する必要があります。
    該当する場合は事前に本校までご相談下さい。
  • Q 入学の手続きはどのようにしたらいいですか?
    A 本校に直接申し込む場合は、必要な資料をそろえて国際郵便(EMS)で郵送して下さい。
    (この場合は、事前に必ずご相談下さい)
    留学仲介会社を通じて申し込む場合は、留学仲介会社の指示に従って下さい。
  • Q 在留資格の交付結果が出るのはいつ頃ですか?
    A 在留資格の交付結果は入学する月の約1ヶ月前(4月入学の場合、2月末頃)に入国管理局から発表されます。
    学費納付を確認後、在留資格認定証明書をお送りしますので、それを持って在外日本大使館、
    総領事館で査証(ビザ)の申請を行って下さい。
  • Q 3ヶ月だけ観光ビザで勉強することはできますか?
    A 観光ビザやワーキングホリデービザでも、本校で学習することは可能です。
    短期間で日本語の基礎を学べるコースを用意していますし、
    日本語のレベルによっては進学コースへの参加も可能です。
ページ先頭へ戻る

在留資格と査証(ビザ)について

  • Q 在留資格は交付されましたが、査証(ビザ)は発給されませんでした。
    もう一度、留学の申請をすることはできますか?
    A 日本に留学する場合、法務省(入国管理局)から「在留資格」を得た上で、
    更に外務省から「査証(ビザ)」を取得する必要があります。
    従って、「在留資格」だけでは、日本に留学することはできません。
    在留資格については、最初の申請で不交付となった場合でも、再申請が認められており、
    実際に2度目の申請で交付されるケースもあります。
    しかしながら、査証(ビザ)に関しては、最初の申請で発給されなかった場合、留学を諦めざるを得ないのが実情です。
  • Q 観光ビザから留学ビザに変更できますか?
    A 査証(ビザ)の変更については、入国管理局が管理・審査することなので詳細については、
    入国管理局でご相談下さい。
    留学の在留資格の申請・審査には長い期間(通常2ヶ月以上)を要するので、観光ビザの期限まで変更できる保証はありません。
    本校では、観光ビザから留学ビザへの変更を考えている方に対しては、
    いったん帰国した上で、改めて留学の在留資格を申請することをお勧めしています。
ページ先頭へ戻る

アルバイト(資格外活動)について

  • Q アルバイトはできますか?
    A 留学生の場合、資格外活動許可を得れば、週28時間以内でアルバイトをすることができます。
    資格外活動許可は、入学後1ヶ月経過した段階で、出席率・授業態度に問題が無ければ、
    学校が入国管理局に代理申請します。
  • Q アルバイト先はどうやって見つけますか?
    A 多くの学生は、求人雑誌や店舗に貼ってある張り紙でアルバイトを見つけたり、
    ハローワークで探したりしています。
    先輩や友達から紹介してもらう場合も多いようです。
    日本語がまだ上手でない頃は、工場など日本語をあまり必要としないところでアルバイトをする人が多いです。
    日本語がある程度できるようになると、レストランやコンビニなど接客のアルバイトをする学生が増えてきます。
    日本語の練習になることはもちろん、社会勉強にもなりますので、
    時間に余裕があれば積極的にアルバイトをしてみて下さい。
  • Q 給料はどのくらいですか?
    A 留学生のアルバイトの時給は、800~1,000円程度です。
    日本では、最低賃金(大阪では786円)が定められていますので、それより低い時給なら法律違反です。
    また、時給の上限に制約はありませんが、極端に高い時給の場合、
    犯罪や詐欺に巻き込まれる危険がありますので、注意して下さい。
ページ先頭へ戻る

学校生活について

  • Q 授業は何語で行われるのですか?
    A 授業は日本語で行われ、原則、授業中は母国語の使用は禁止しています。
    間違ってもいいですから、頑張って日本語を話して下さい。
    そうすることによって、皆さんの日本語能力が伸びていくはずです。
  • Q 朝から夕方まで1日中授業があるのですか?
    A 授業は午前クラス(9:00~12:45)または午後クラス(13:15~17:00)のいずれか一方です。
    授業がない時間は、自習したり、アルバイトをしたり、学生はそれぞれ自由に過ごしています。
  • Q 夏休みの間だけ子供に日本語を勉強させることはできますか?
    A 本校には実用日本語コース、短期集中コースがございますので、
    受講者の方の都合に合わせて学習スケジュールを組むことは可能です。
    可能であれば、本校にお越し頂いて、ご相談下さい。
  • Q 外国語を話せるスタッフはいますか?
    A 事務局に中国人の通訳スタッフがいます。
    また韓国語、英語については他の教職員で対応しています。
  • Q 通学定期券は買えますか?
    A 現在、本校では通学定期券は購入できません
    (通学定期券を購入できる日本語学校も一部ありますが、多くの日本語学校では通学定期券は購入できません)。
    ただし、ほとんどの学生が自転車通学しているので、通学定期券が買えなくても問題ありません。
  • Q 校舎は禁煙ですか?
    A 校舎内は禁煙ですが、1階の駐輪場のそばに喫煙コーナーを設けています。
  • Q 校外学習はありますか?
    A 校外学習は、年に2回(春と秋)実施しています。
    春はUSJ(ユニバーサルスタジオジャパン)、秋は京都又は奈良の観光名所を散策します。
    校外学習だけでなく、本校では様々な行事、イベントを用意しています。
  • Q 1クラスの人数は何人ぐらいですか?
    A 本校は10~15人前後の少人数制クラスです。
ページ先頭へ戻る

学校生活について

  • Q テキストや教材費は授業料等に含まれていますか?
    A テキスト、教材費、校外学習の費用など全て授業料等に含まれています。
    補習や面接指導、進路相談についても無料で実施しています。
  • Q いつまでに授業料を支払えばいいですか?
    A 進学コースについては、在留資格認定証明書の交付後すみやかに(約2週間以内)、本校指定の銀行口座に送金下さい。
    実用日本語コース、短期集中コースについては、初回の授業日までにお支払い下さい。
  • Q 途中でやめたら返金してもらえますか?
    A 進学コースについては、特別な事情(大規模自然災害や戦争等により、
    本校が学生に修学機会を提供できない場合など)がない限り、授業料の返金はしていません。
    実用日本語コース、短期集中コースについては、原則として受講日数に応じて返金します。
    ただし、一定期間の受講を前提にした割引料金で受講していた場合は、通常料金にて清算させて頂きます。
  • Q 分割払い(月ごとなど)はできますか?
    A 進学コースの学費については、原則、分割払いは認めておりません。
    実用日本語コース、短期集中コースについては、1ヶ月毎のお支払いになっていますが、
    一括で前払いすることで受講料が割引になるケースもございます。
    詳しくは本校までお問い合わせください。
  • Q 学費を支払った後で、入学を辞退することにしました。学費はもどってきますか?
    A 来日前であれば、入学辞退の理由にかかわらず学費は入学金を含めて
    全額(ただし、送金にかかる費用を除く)お返しします。
ページ先頭へ戻る

よくある質問

  • 入学について
  • 在留資格と査証について
  • アルバイトについて
  • 学校生活について
  • 学費について
資料のご請求お問い合わせ 資料ダウンロード
  • Vietnam
  • 思い出の写真 PHOTO GALLERY
  • お役立ちリンク集 留学生活サポート!
  • 学校周辺案内 大阪観光情報
  • Q&A よくある質問