• HOME
  • 進学ガイド

進学ガイド COLLEGE GUIDE

進学実績

大学院(研究生含む)
国公立
  • 大阪大学
  • 奈良女子大学
  • 和歌山大学
  • 大阪市立大学
私立
  • 同志社大学
  • 関西大学
  • 大阪産業大学
大学・短期大学
国公立
  • 神戸大学
  • 名古屋大学
  • 大阪教育大学
  • 和歌山大学
  • 宇都宮大学
  • 滋賀県立大学
  • 兵庫県立大学
  • 神戸市外国語大学
私立
  • 関西大学
  • 関西学院大学
  • 立命館大学
  • 龍谷大学
  • 京都産業大学
  • 立命館アジア太平洋大学
  • 摂南大学
  • 阪南大学
  • 帝塚山大学
  • 天理大学
  • 大阪産業大学
  • 大阪国際大学
  • 大阪経済法科大学
  • 武蔵野大学
  • 大阪成蹊大学
  • 神戸夙川学院大学
  • 大手前大学
  • プール学院大学
  • 羽衣国際大学
  • 神戸情報大学院大学
  • 鈴鹿国際大学
  • 近畿医療福祉大学
  • 奈良産業大学
  • 英知大学
  • 園田学園女子大学
  • 白鳳女子短期大学
  • 大阪産業大学短期大学部
  • 中日本自動車短期大学
専門学校

  • 専門学校エール学園
  • ECC国際外語専門学校
  • ECCコンピュータ専門学校
  • 大原簿記専門学校
  • 大原簿記法律専門学校
  • 大原外語&エアライン専門学校
  • 清風情報工科学院
  • 京都外国語専門学校
  • 関西外語専門学校
  • 駿台観光&外語専門学校
  • 大阪デジタルテクノ専門学校
  • 大阪情報コンピュータ専門学校
  • 日本理工情報専門学校
  • 日本コンピュータ専門学校
  • 愛甲学院専門学校
  • 渋谷外語専門学校
  • 東京国際ビジネスカレッジ
  • 他多数
ページ先頭へ戻る

進学ガイド COLLEGE GUIDE

目標とする進路や志望大学等によって、一人ひとり取り組むべき課題は異なります。
私たちは、適切なタイミングで進路面談を行い、学生の皆さんの進路希望を聞きながら、
それぞれに合った進路指導、アドバイスを通じて、志望校合格へと導きます。

進学までの流れ

進路面談(進路及び志望校の選定)
志望校決定、募集要項や過去の入試問題の取り寄せ
出願資料作成、受験対策(模擬面接など)
入学試験(筆記試験・面接など)
合格・入学(ビザの更新も忘れずに!)
ページ先頭へ戻る

卒業後の進路

大学院

大学院(正規生)

大学院の正規生(修士課程又は博士課程前期)には、 16年の教育課程修了を条件としている大学院がほとんどです。 また自分が大学で学んだ専門と同じ(又は、それに近い) 分野への進学が基本となります。

自分の経歴と専門分野をよく照らし合わせて 大学院を選びましょう。また入学条件には書いていませんが、 N1レベル以上の日本語能力は必須です。 

大学院(研究生)

大学院の研究生とは、正規生として大学院に入学する前段階として、指導教授の下で自分の研究計画を指導してもらうものです。
大学院の決め方は、基本的に正規生と同じですが、指導教授が認めてくれれば、自分が大学で学んだ専門分野に
とらわれずに研究分野を選ぶこともできます。

大学

大学(学部研究生)

大学によっては、大学の学部に在籍しながら大学院進学を 目指して研究活動を行う学部研究生という制度があります。 大学院の研究生と似ていますが、16年の教育課程修了を 満たしていない学生でも入学できるチャンスがあるので、 母国で三年制の大学(大学専科など)を卒業した学生や、 新たな専門分野に挑戦したいという学生が利用しています。

大学(3年次編入)

14年以上の教育課程を修了した学生は、
大学3年生から編入することができます。
自分が専門にしてきた分野と違う分野で大学院に行きたい 場合など、新たに専門性を身につける早道です。

大学(4年制)

国公立大学から私立大学までたくさんの大学がありますが、 多くの大学では日本留学試験の受験を出願の条件にしていま す。日本語はもちろん、国公立大学では、総合科目や数学の 成績を要求するところが多いので、必ず受験しておきましょう。

短期大学(2年制)

主に女性向けの二年制の大学です。
卒業後は、四年制大学への編入が可能となり、 系列の大学に進学する学生も少なくありません。

専門学校

より専門性の高い分野や技術を学ぶ為に、専門学校に進学する学生もいます。
また日本語能力を更に高めて、希望の大学・大学院に進学する為の専門学校もあります。

就職

会社の就職試験に合格し、入国管理局で就労ビザを取得できた場合、日本語学校から直接就職することも可能です(ただし、稀なケースです)。
本校の卒業生でも日本企業で活躍している先輩はたくさんいます。(→詳しくはこちら
ページ先頭へ戻る

進学に必要な資料


具体的に進路が決まったら、受験に必要な資料を準備しましょう。
志望大学・大学院によって必要な資料は異なります。
日本語で書かれた募集要項は細かくて分かりにくいかも知れませんが、
担任の先生が一緒に資料作成を手伝いますから、全く心配はありません。
以下にあげる資料は、多くの大学・大学院で要求されるもので、特に注意が必要なものです。
(最終学歴の)卒業証明書

母国の大学(又は高校)の卒業証明書
(卒業証書ではありません)
自分が卒業した学校に依頼して作成してもらいます。 日本語訳が必要な場合は本校事務局で対応しています。

(最終学歴の)成績証明書

母国の大学(又は高校)の成績証明です。
自分が卒業した学校に依頼して作成してもらいます。 日本語訳が必要な場合は本校事務局で対応しています。

推薦書

母校の大学教授が書いた推薦書を要求される場合があります。 必要な場合は、早目に大学の指導教授にお願いしておきまし ょう。また日本語学校の推薦書を要求される場合もあります が、本校の推薦基準(出席率90%以上など)を満たしておれば、 全く心配はいりません。

研究計画書

大学院への進学の際に必要となります。
大学院によって違いますが10,000字以上の研究計画書 (当然、日本語で書きます)を要求する大学院もありますから、 事前に十分な準備が必要です。
本校では、研究計画書の添削指導を行っていますので、 早目に先生に相談して下さい。

日本留学試験の成績表

大学受験の際に日本留学試験の成績を要求する大学は たくさんあります。
特に国公立大学では、ほとんどの大学で日本語だけでなく、 総合科目や数学などの試験成績も要求されますから、 得意、不得意にかかわらず、必ず受験しておきましょう。
(→日本留学試験サイト

日本語能力試験の成績表

国公立大学や難関私立大学では、高い日本語能力 (少なくともN2以上)が要求されます。
大学によっては、日本語能力試験の成績表の提出で、 日本語の試験が免除される大学もあります。
(→日本語能力試験サイト

これらの資料以外にも大学によって様々な資料が要求されますが、
担任の先生と一緒に募集要項を確認しながら、疎漏の無いように準備しましょう。
ページ先頭へ戻る

入試面接対策

過去の試験問題はどうやって手に入れたらいいの?

HPで過去の試験問題を公開している大学・大学院もありますが、多くの場合、
郵送でコピーを請求したり、直接大学へ行って閲覧・コピーする必要があります。

やり方が分からない場合は、担任の先生に相談してくれれば、
学校が代行して過去の試験問題を取り寄せることもできます。

小論文って難しそう...。

日頃の授業の中で、日本語作文は常に練習しています。
小論文もその延長と考えれば、いかに毎日の授業が大切か分かってもらえると思います。

上級クラスではテーマや文字数を決めて、より実践的な形で小論文対策を行っています。

面接では、緊張しそうで心配です。

多くの大学では、入学試験で面接を実施します。

本校では学生が納得できるまで面接の練習を繰り返し、
本番で緊張することなく面接を迎えられるように準備しています。
ページ先頭へ戻る

進学ガイド

  • 進学実績
  • 進学までの流れ
  • 卒業後の進路
  • 進学に必要な資料
  • 入試面接対策
資料のご請求お問い合わせ 資料ダウンロード
  • Vietnam
  • 思い出の写真 PHOTO GALLERY
  • お役立ちリンク集 留学生活サポート!
  • 学校周辺案内 大阪観光情報
  • Q&A よくある質問